京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

青柿と型紙

Gallery shop ICHIHARUデザイナーで染織作家の

蔵田かずえです。

 

本日も数ある中から当ブログ・オンラインショップを

見つけてご訪問いただき、ありがとうございます。

 

f:id:kazue-k15:20210828232304j:plain

青柿がたわわに実り始めています。

 

食べるのにはまだ早いですが、この渋柿の状態で収穫し、

その日のうちに搾汁させ、発酵熟成させたものを「柿渋

と言います。

 

この柿渋を和紙に塗ったものが、型染め技法に使用する

型紙」になります。

f:id:kazue-k15:20210828234019j:plain

型紙

 

型紙は基本的に、和紙3枚を柿渋で貼り合わせてできて

います。

 

製造工程としては、

①繊維が交互になるように和紙を柿渋で貼り合わせる

②2〜3日馴染ませ、天日干しをする

③1週間ほど室(むろ)の中で燻し続ける

④柿渋に浸し、天日干しをし、燻す

 

こうして40日ほどかけて、ようやく型紙が完成します。

 

柿渋の色と燻された効果で、型紙には独特の茶色と匂い

があります。

そして柿渋には、防水・防腐・伸縮しにくいという効果が

あるため、和紙に塗布すると丈夫な紙に変わります。

 

染めの際には水分を使うので、染める用具としてこの

耐水性があることが機能としてとても大切になります。

 

   --------------------------------------ichiharu   

 

 アクセサリーご購入はこちらから→ ICHIHARU

  

 

  

当ブランドでは「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を用いています。

一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしています。

 

店舗は御所南の一角に構えております。

店舗での営業は、週1程度のわずかな営業時間ではありますが

連綿と続く京都の伝統美の集結した空間に身をおき、

心潤うひと時を、皆様へご提供したいと考えております。

 

『ICHIHARU』

芸術性の高い、オリジナル作品です。

1つ1つ丁寧に手織りしたパーツを贅沢にあしらい、貴方の特別な時間を華麗に演出し

ます。

『KAZUE』

エレガントで落ち着きある女性のファッションアイテムとして、1点ものの手作りアクセサリーを展開しています。  

 

『ICHIHARU』及び『KAZUE』のアクセサリー専用のインスタグラムです。

コメントもお待ちしています。

https://www.instagram.com/kazue.accessory

  


アクセサリーランキング