京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

ゆかた 浴衣 YUKATA展

Gallery shop ICHIHARUデザイナーで染織作家の

蔵田かずえです。

本日も数ある中から当ブログ・オンラインショップへ

ご訪問いただき、ありがとうございます。

f:id:kazue-k15:20210719195520j:plain

美術館入り口

f:id:kazue-k15:20210719195553j:plain

中庭(東山を望めます)

 

以前、ブログでご紹介しました『ゆかた 浴衣 YUKATA』展

(泉屋博古館)へすべり込みで行ってきました。

〈この展覧会の会期は終了しています〉

 

外気温にぐったり…状態の到着でしたが、藍染めの浴衣の

数々を観て一気に涼やかになりました。

 

江戸から昭和にかけての型染めの変遷を、浴衣のデザインを

通して学べる内容でした。

明治以前は浴衣のデザインが吉祥文様・秋、冬の文様であった

のに対し、明治以降は視覚的・造形的な面白さを追求したデザ

インへと移行したという点が興味深く感じました。

 

そして個人的には絞りの技巧が見れることを楽しみにして

いました。

「巻き縫い絞り」「折り縫い絞り」「帽子絞り」「三浦絞り」

「鹿の子絞り」「杢目絞り」といった様々な技法の繊細さを

直に、一堂に観ることができ、感嘆の連続でした。

 

特に白地に「手蜘蛛絞り」が施された『白木綿地小花模様浴衣』

は蜘蛛の巣模様の線の美しさが際立った作品で、印象に残って

います。

 

私もこのレベルの仕事に辿り着けるように、精進していこう

と思います。

  --------------------------------------ichiharu  

 アクセサリーご購入はこちらから→ ICHIHARU

当ブランドでは「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を用いています。

一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしています。

 

店舗は御所南の一角に構えております。

店舗での営業は、週1程度のわずかな営業時間ではありますが

連綿と続く京都の伝統美の集結した空間に身をおき、

心潤うひと時を、皆様へご提供したいと考えております。

 

『ICHIHARU』

芸術性の高い、オリジナル作品です。

1つ1つ丁寧に手織りしたパーツを贅沢にあしらい、貴方の特別な時間を華麗に演出し

ます。

『KAZUE』

エレガントで落ち着きある女性のファッションアイテムとして、1点ものの手作りアクセサリーを展開しています。  

 

『ICHIHARU』及び『KAZUE』のアクセサリー専用のインスタグラムです。

コメントもお待ちしています。

https://www.instagram.com/kazue.accessory

  


アクセサリーランキング