京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

染織を始めたのはいつですか?

f:id:kazue-k15:20210623194544j:plain

織り作業中の一コマ

 

Gallery shop ICHIHARUデザイナーで染織作家の

蔵田かずえです。

本日も数ある中から当ブログ・オンラインショップへ

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

読者の方から、ご質問をいただきました。

「染織を始めたのはいつですか?」

 

ご質問、ありがとうございます。

 

私が染織を始めたのは、大学1回生の秋からです。

 

実は、私が大学で学ぼうと思っていたのは「陶芸」でした。

 

超絶技巧と名高い宮川香山やラリック、エミール・ガレが

好きで、高浮き彫り技法を用いた器や白磁のクールな作品を

作りたいと思って入学しました。

 

けれども出会ってしまったのです。見てしまったのです。

棚一面に色とりどりの糸が詰まった、織り部屋を。

 

「こんな綺麗な世界があるんだ…」

 

その美しさに、一気に染織へと興味が傾きました。

 

そしてさらに背中を押されたのが、高木敏子さん(染織家)

の作品との出会いでした。

高木さんの作品は〝布の彫刻〟のようで、その素材感や形

の力強さに衝撃を受けました。

それまで、染織といえば着物のイメージしかなかったので

なおさらでした。

 

「染織専攻に行けば、美しい糸を使って立体物が作れる!」

「陶芸ではできないような新しい表現ができるかも!」

 

と、急な方向転換を決めて突如、染織の道へと入ってしまった

のでした。

 

しかし、、、4回生以降、この「糸で立体を作りたい」意欲が、

私の制作活動を苦しめることになるのです…が、この話は、

また別の機会にお話ししますね。

 

 

 

 

 

--------------------------------------ichiharu  

 アクセサリーご購入はこちらから→ ICHIHARU

当ブランドでは「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を用いています。

一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしています。

 

店舗は御所南の一角に構えております。

店舗での営業は、週1程度のわずかな営業時間ではありますが

連綿と続く京都の伝統美の集結した空間に身をおき、

心潤うひと時を、皆様へご提供したいと考えております。

 

『ICHIHARU』

芸術性の高い、オリジナル作品です。

1つ1つ丁寧に手織りしたパーツを贅沢にあしらい、貴方の特別な時間を華麗に演出し

ます。

『KAZUE』

エレガントで落ち着きある女性のファッションアイテムとして、1点ものの手作りアクセサリーを展開しています。  

 

『ICHIHARU』及び『KAZUE』のアクセサリー専用のインスタグラムです。

コメントもお待ちしています。

https://www.instagram.com/kazue.accessory

  


アクセサリーランキング