京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

瓶覗(かめのぞき)

f:id:kazue-k15:20210620235555j:plain

Gallery shop ICHIHARUデザイナーで染織作家の

蔵田かずえです。

本日も数ある中から当ブログ・オンラインショップへ

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

日本の伝統的な色に瓶覗(かめのぞき)という色がありま
す。
藍染の淡い青色を指す色名で、やわらかい緑みの青のこと
です。
 
藍染は糸や布を、何度も染め重ねることで濃淡を出します。
つまり染める回数が多いほど、色がどんどん濃くなってい
きます。
 
この濃淡の違いごとに色名が付けられています。
そして、生きている藍が一番最後に出す色(最も薄い色)
の名前を、「瓶覗(かめのぞき)」と言います。
 
この瓶覗(かめのぞき)の色が出ると、藍は死にます。
 
※ 藍は、色が染まる状態のことを「藍が生きている」、
 色が出なくなる状態のことを「藍が死んでいる」と
 表現します。
 
自然の力をお借りして生活しているという意識をもった、
日本人らしい言葉選びですね。
 
 
なぜ「瓶覗(かめのぞき)」と言うのかは、次回のブログで。
 
 

--------------------------------------ichiharu  

 アクセサリーご購入はこちらから→ ICHIHARU

当ブランドでは「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を用いています。

一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしています。

 

店舗は御所南の一角に構えております。

店舗での営業は、週1程度のわずかな営業時間ではありますが

連綿と続く京都の伝統美の集結した空間に身をおき、

心潤うひと時を、皆様へご提供したいと考えております。

 

『ICHIHARU』

芸術性の高い、オリジナル作品です。

1つ1つ丁寧に手織りしたパーツを贅沢にあしらい、貴方の特別な時間を華麗に演出し

ます。

『KAZUE』

エレガントで落ち着きある女性のファッションアイテムとして、1点ものの手作りアクセサリーを展開しています。  

 

『ICHIHARU』及び『KAZUE』のアクセサリー専用のインスタグラムです。

コメントもお待ちしています。

https://www.instagram.com/kazue.accessory

  


アクセサリーランキング