京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

「もののあわれ」の、秋の図案。

f:id:ichiharugallery:20201120123420j:plain

木島桃村 染織図案

写真は、明治時代の日本画家、木島桃村が描いた、染織のための図案です。

藤原定家が、京都の嵯峨にある、小倉山の山荘で撰した「百人一首」のなかの歌をイメージしています。

 

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の

声聞くときぞ 秋はかなしき

  猿丸大夫(さるまるだゆう)

 

山奥の、清く華やかな紅葉を踏み、神霊の象徴でもある鹿の、澄んだ声を聞く。

無常感、「もののあわれ」を詠んだ歌ですが、図案を見ていると、祝祭を含んだ、晴れやかな心境を詠んだ歌のようにも感じます。

 

次回の店舗営業日は 11月29日(日)です。

p-p.hatenadiary.com

--------------------------------------ichiharu 

京都御所南 ギャラリーショップ ICHIHARU

アクセサリーのお買い求めの方は、こちらのサイトからご購入ください。

▼ 

ichiharu.theshop.jp

  

ICHIHARU とは

当ブランドでは「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を用いています。

一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしています。

 

店舗は御所南の一角に構えております。

店舗での営業は、週1程度のわずかな営業時間ではありますが

連綿と続く京都の伝統美の集結した空間に身をおき、

心潤うひと時を、皆様へご提供したいと考えております。

 

『ICHIHARU』

芸術性の高い、オリジナル作品です。

1つ1つ丁寧に手織りしたパーツを贅沢にあしらい、貴方の特別な時間を華麗に演出し

ます。

『KAZUE』

エレガントで落ち着きある女性のファッションアイテムとして、1点ものの手作りアクセサリーを展開しています。  

 

『ICHIHARU』及び『KAZUE』のアクセサリー専用のInstagram です。

コメントもお待ちしています。

https://www.instagram.com/kazue.accessory

  


アクセサリーランキング