京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

有職の故実として集大成

f:id:kazue-k15:20201026191940j:plain

(↑展示作品とは異なる画像です)
 
 
先日偶然立ち寄ったホテルのロビーに、染織作家が
平安時代の反物の色を草木染めで再現した作品が展示
されていました。
 
その色はとても優しく、どこか懐かしい感じのする
品のある色合いでした。
 
襲の色目(かさねのいろめ)と言われる配色法は、
四季折々の変化を色彩の表現として感じ取ってきた
日本人が作り上げてきたものです。
 
この配色方法はもともと袷仕立て(あわせしたて)された
衣服の表地と裏地の配色で、平安時代に公家の服飾の中から
生まれ、以後、公家の人々の服飾に欠かせないものとして
近代まで伝えられました。
 
季節に応じた服飾のもっとも代表的なものが、平安時代に
生まれた女性の「十二単」です。
 
四季にこだわる日本人の美意識が、ここに現れていると思います。
 
 
当ショップのアクセサリーの色合いも、この襲の色目を
意識して組み合わせています。
 
 
 

 ICHIHARU

 

京都御所南 ギャラリーショップ ICHIHARU

アクセサリーのお買い求めの方は、こちらのサイトからご購入ください。

▼ 

ichiharu.theshop.jp

  

ICHIHARU とは

当ブランドでは「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を用いています。

一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしています。

 

店舗は御所南の一角に構えております。

店舗での営業は、週1程度のわずかな営業時間ではありますが

連綿と続く京都の伝統美の集結した空間に身をおき、

心潤うひと時を、皆様へご提供したいと考えております。

 

『ICHIHARU』

芸術性の高い、オリジナル作品です。

1つ1つ丁寧に手織りしたパーツを贅沢にあしらい、貴方の特別な時間を華麗に演出し

ます。

『KAZUE』

エレガントで落ち着きある女性のファッションアイテムとして、1点ものの手作りアクセサリーを展開しています。  

 

『ICHIHARU』及び『KAZUE』のアクセサリー専用のInstagram です。

コメントもお待ちしています。

https://www.instagram.com/kazue.accessory

  


アクセサリーランキング