京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

嫉妬は、今の自分を知るバロメーター。

こんばんは。


蔵田かずえです。


今日は「嫉妬」の話です。

 



あなたは嫉妬をしますか?

 

 



私は小さいことから大きいことまで、

いろいろなことに嫉妬をしてしまします。

そして、嫉妬に漏れ無く付いてくるのが

「嫌悪感」ではありませんか?

 

 

 

何故、嫉妬は生まれるのでしょう。

 

福沢諭吉『学問のすゝめ』の中で、

〝人間が生きていく上で最も害となるのは「怨望」である〟

と言っています。怨望、つまりは嫉妬ですね。


福沢諭吉さんにそう言われちゃうと、

ますます自己嫌悪に陥ってしまいそうです。

 

「自分よりいい思いをしている」
「自分にないものを持っている」

といった、自分と他者を比べることで、

今の自分に足りていないものを自覚してしまった時、

どうやら嫉妬心は生まれてきますよね。

 

でも、嫉妬はプラスに捉えることができると思います。

 

 

出来るだけ嫉妬をしないで過ごそう

と思っていても、


なかなか心の中が言うことを

聞いてくれないと言うあなた。

 

 

嫉妬を感じた時、

自分は何に嫉妬を覚えたかを自問してみましょう。

すると今、自分が何をしなければ

いけないのが分かってきますよ。

 

私は、これで嫉妬の感情をコントロールしています。


そうすることで、頑張っていける自分を作っています。

 

 

あまりにも遠く離れた存在や、

わからない世界の才能などには
嫉妬心は生まれません。

手が届きそうで届かない、

これが嫉妬の条件なのかもしれません。

と言うことは、努力すれば

手に入る範囲にあると言うことですよね。

 

 

嫉妬をプラスに捉えて、

より高みの心持ちで、

生活していきましょう。

 

 

 

 

 

✉︎インスタグラムの方に、アクセサリーへの

コメントをお寄せいただいても嬉しいです。

www.instagram.com

 

 

 

▼ 

 蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、

〝アートを身につける〟をテーマにしています。
そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。
 
そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、
着けていることも忘れるくらい″軽量であること″
にこだわっています。
 
 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 
 

商品は、下記のウェブショップ・店舗・メールの

どちらからでもお買い求めいただけます。

↓ 

◆新しいウェブショップ

ichiharu.theshop.jp

 

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス

info@ichiharugallery.com

 

 


アクセサリーランキング