京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

美術館情報

美しい絵画

先日、密になりそうな日時を避けて半年以上ぶりに 堂本印象美術館を訪れました。 現在、『小野竹喬・春男の親子展』が開催されています。 insho-domoto.com 小野竹喬氏の描く絵画は、明るく澄んだ色彩でした。 特にピンク色を効かした色彩が目を惹きます。 …

瑞々しい感性に触れる

以前勤務していた美術高校の作品展を観るために、京都市京セラ美術館を 訪れました。 リニューアルオープンして以来、初めての館内です。 和洋折衷の独特な建築様式である帝冠様式の美術館は、その重厚な趣を そのままに美しく進化していてとてもワクワクす…

時間が余ったら、美しいものを観に行く。

京都国立博物館 お能の謡のお稽古の帰りに、時間が空きました。 時間は、午後4時。 「さて、どうしよう」 迷ったら、美しいものを観に行きます。 今日は、京都国立博物館さんに行きました。 国立博物館年間メンバーズパス(1年間2,000円)を持っているので…

雨の音の、お茶事。

樂美術館の玄関でお出迎えしてくれます 京都御所西にある樂美術館さんの「特別鑑賞茶会」に参加しました。 樂焼 RAKU WARE|樂美術館 - 樂家に伝来する樂歴代作品と茶道工芸美術・樂家文書資料 今日は、冬の曇天です。 お茶事の途中から雨が降り出しました。…

東山魁夷のスケッチ ー欧州の古き町にてー展の紹介

こんばんは。 先日仕事を早めに切り上げて、大山崎にあるアサヒビール大山崎山荘美術館へ寄ってきました。 www.asahibeer-oyamazaki.com 現在、日本画家東山魁夷氏のスケッチ展が催されています。 長野県にある長野県信濃美術館 東山魁夷館に行き、氏の描く…

「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」展 ②

こんばんは。 前回の展覧会ブログの続きです。 展覧会を観て一番印象に残ったのは、インド各地の民族画家たちが描いたゾウやトラ、ライオンの動物をはじめ昆虫などあらゆるものを、民族が持っている独特な形や色などの解釈で描かれた作品でした。 インターネ…

「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」展 ①

こんばんは。 展覧会の搬入が終わり、精も根も使い果たしてしまった状態です。制作中のこの期間、時間の許す限りアトリエに籠り、アウトプットをし続けました。また直ぐに次の制作が待ち受けています。次の作品に集中するためにも、インプットをしなければな…

祇園祭展

こんばんは。 長い間ブログの更新ができず、またショップもお休みをいただき、 皆様にはご迷惑をおかけしました。 おかげをもちまして展覧会に出品できました。 約1ヶ月間、毎日毎日織り続けました。 下図からの準備からいえば、約2ヶ月半に渡って制作した…

藤田嗣治展

こんばんは。 蔵田かずえです。 先日、京都国立近代美術館で開催中の 「没後50年 藤田嗣治」展を観てきました。 彼の没後50年を記念する 大回顧展で、初来日となる 作品や、従来あまり紹介されて こなかった作品も多く、 私自身も今まで見たことのない 作品…

おすすめの美術館

こんにちは。 蔵田かずえです。 以前ご紹介したハラ ミュージアム アークの すぐそばに、群馬ガラス工芸美術館があります。 群馬ガラス工芸美術館 ハラ ミュージアムアークを訪れた際は、 ぜひこちらにも訪れてみて下さい。 私の大好きな美術館の一つです。 …

華ひらく皇室文化展

こんばんは。 蔵田かずえです。先日、京都文化博物館で開催されている 「華ひらく皇室文化ー明治宮廷を彩る技と美」展 を見てきました。 www.bunpaku.or.jp 本展は、第1章「明治宮廷前史」から 第5章「明治の終わりと大正の息吹き」の 5部構成となって展示…

ぜひ訪れたい美術館

こんばんは。 蔵田かずえです。今日は、 久々におすすめの美術館のご紹介です。 群馬県にある「ハラ ミュージアム アーク」 をご存知でしょうか。ここも、私の大好きな美術館の一つです。 www.haramuseum.or.jp 家族旅行をする際に、必ずと言って良いほど 寄…