京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

2021-11-01から1日間の記事一覧

平安時代、秋に着ていた色は縹色

白×縹(はなだ)色 平安時代の貴族が秋に着ていた色の一つが、縹(はなだ) 色です。 平安装束は季節に合わせて、着物の表裏で色を変化させて 着ていました。 白色×縹色は初秋に。 縹色×縹色は仲秋に。 令和の現代にもぜひ、縹色のアクセサリーをお楽しみ く…

11月のスタートは〝円×扇〟のアクセサリーを身につけて軽やかに

ichiharu.theshop.jp おはようございます。 Gallery shop ICHIHARUデザイナーで染織作家の 蔵田かずえです。 本日もブログ・オンラインショップにお越しいただき、 誠にありがとうございます。 11月と週のスタートですね。 新しい月の始まりは、縁起の良い…