京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

2020-11-20から1日間の記事一覧

「もののあわれ」の、秋の図案。

木島桃村 染織図案 写真は、明治時代の日本画家、木島桃村が描いた、染織のための図案です。 藤原定家が、京都の嵯峨にある、小倉山の山荘で撰した「百人一首」のなかの歌をイメージしています。 奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき 猿…