京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

2020-02-22から1日間の記事一覧

彩る心は、歳月を超える。

樂焼 十四代覚入 色釉流水文赤楽平茶碗「綵衣」 京都国立博物館で、中国の唐の時代の、三彩の焼物たちに見惚れていました。 胡人(ソグド人)も、駱駝も、生き生きとしています。 唐三彩とよばれる由縁の、赤褐色、緑、紺、黄白の、明快なコントラストは、ま…