京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

『祇園祭展』へ足をお運びいただいてありがとうございます。

こんにちは。

 

当Gallery shop ICHIHARUのアクセサリーデザイナーは、

染織作家でもあります。

 

少し前にブログでも紹介させていただきました『祇園祭展』、

現在開催中です。

早速、たくさんの方にご来場していただき感謝申し上げます。

 

ICHIHARUのお客さまにもぜひ、観ていただきたいです。

アクセサリーで用いる糸とはまた違う糸の魅力を、お伝えできているかと

思います。

 

残り1週間ほど開催しておりますので、ご高覧いただけますと幸いです。

 

f:id:kazue-k15:20190717130854j:plain

↑入り口は祇園祭仕様になっています。

f:id:kazue-k15:20190717130952j:plain

↑宵々々山の美術館前。(山伏山は前祭ですので、現在は山は建っていません)

 

 

 
毎年祇園祭の時期に合わせて行われている展覧会で、今回で11回目となります。
染織作家10名の力作が一堂に展示されています。
 
清流館がある場所は、鉾町です。
祇園祭の賑わいの合間をぬって、清流館へ。
 
京都に、祇園祭にお越しの際はぜひご高覧ください。
 
 
■会期:
 6月28日[金]~7月24日[水] 午前10時~午後5時
■ギャラリートーク:
 7月20日[土] 午後2時~
■入館料:大人300円、学生200円
■休館日:7月1日(月)・8日(月)・16日(火)
      ・22日(月)

 

 

 

 

 

 

 

Gallery shop ICHIHARUは、京都ブランド『KAZUE』のアクセサリーを

取り扱うアクセサリーショップです。

アクセサリーは全て糸でできています。糸と一口に言っても多種多様ありますが、

当ブランドでは絹糸・箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)を用いています。

そして、一つ一つ手作業で丁寧にお作りしています。

 

 

店舗は明治時代から続く御所南にある、町家の一角に構えております。

店舗営業は、週1程度のわずかな営業時間ではありますが

お客さまが、連綿と続く京都の伝統美の集結した空間に身をおき、

美に触れ、心潤うショップとなるよう店内も少しずつ変化させていっております。

 

通常はウェブショップでの運営となります。ぜひこちらもご覧ください。 

▼ 

ichiharu.theshop.jp

京都のアクセサリーブランド『KAZUE』は、

エレガントで落ち着きある、本物思考のおしゃれを求める30代後半〜の

ファッションアイテムとしてのアクセサリーを展開しています。

 

さらに一歩、自分を高めたい方におすすめです。

 

 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 

 

 

 

『KAZUE』のアクセサリー専用の

Instagram です。コメントもお待ちしています。

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 


アクセサリーランキング