京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

菊花紋

こんばんは。
蔵田かずえです。
 
 
 
いよいよ明日は、新元号が発表され新しい時代が始まります。
新年度のスタートの日でもあるので、そわそわとしてしまいます。
 
新元号がどのような名称になるのか、とても楽しみです。
色々と想像してみた人も多いのではないでしょうか。
 
 
そんな記念日に因んだ文様は、、
 
天皇家の紋章である「菊花紋章」です。
 
 
 
なぜこの紋章が使われるようになったのか、
文様を調べる中で気になったので、一緒に調べてみました。
 
菊をモチーフにした文様は平安時代からありました。
 
仁徳天皇の時代に、中国から日本の野生菊とは全く違う形の菊が入ってきます。
今よく見る大きくて華やかな花です。
その美しさからたちまち当時の人々を虜にし、
貴族たちの間で人気になったことから菊紋が生まれたと言われています。
 
 
菊の文様の代表といえば「流水とキク」をよく見かけるのではないでしょうか。
 
これは古代中国、黄河の南に一面のキクに覆われた水源があり、
そこから流れ出るキクの成分を含んだ水を人々が飲み、
健康長寿をかなえたという伝説が背景となっているようです。
 
重陽の節句(9月9日)に、菊酒が飲まれるようになったのは
菊水の伝説にあやかったことに由来します。
 
 
現代では菊の花は、不祝儀にも使われますがもともとは
長寿祈願に使われた縁起の良い花でした。
 
菊花紋は長寿の象徴であるほか、無病息災・邪気払い・
心身の安定などさまざまな意味をもっているそうです。
 
 
菊花紋は、天皇家の紋として昔から使われていたのかと思えば、
そうではなかったのですね。
 
 
正式に採用されたのは、鎌倉時代に入り後鳥羽上皇の代になってからです。
 
後鳥羽上皇は、天皇家の調度品などに菊の紋を使用するようになり、
そこから天皇家の御紋として使用されるようになったそうです。
 
 
調べてみて私自身まだまだ知らないことだらけだと思いました。
 
日本の伝統を守っていき、その上で創作をするためには
もっと知らなければと気持ちを新たにした次第です。
 
 
 

 

『KAZUE』のアクセサリーは、下記のウェブショップ・店舗・メールの

どちらからでもお買い求めいただけます。

↓ 

◆新しいウェブショップ

ichiharu.theshop.jp

 

 

 

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス

info@ichiharugallery.com

 

 

 

▼ 

 蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、

〝アートを身につける〟をテーマにしています。
そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。
 
そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、
着けていることも忘れるくらい″軽量であること″
にこだわっています。
 
 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 

 

 

 

『KAZUE』のアクセサリー専用の

Instagram です。コメントもお待ちしています。

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 


アクセサリーランキング