横山大観の回顧展

こんばんは。

蔵田かずえです。



先日京都高島屋で開催されていた、

「横山大観記念館 史跡・名勝指定記念展 画業と暮らしと交流 ―大観邸―」展

を観てきました。

横山大観は皆さんもよくご存知の日本画家です。

日本人が好きな画家というだけあって、

会場も混んでいました。

 

大観は東京美術学校(現東京藝大)で学び、

師の岡倉天心と日本美術院を設立しました。

明治から昭和にかけて、西洋からの様々な

影響を受けながら新時代における新たな絵画の

創出を目指しました。

大観の画家人生は順風満帆とは言えず、

若い頃に大変な経済的苦労をしています。

逸話もたくさん残っています。

お酒を愛し、飲みながら制作をしていたと言われていますが、

実は規律正しく同じ時間位起きては制作する時間を決め、

制作中はお酒を一滴も飲まなかったようです。

(会場の紹介パネルに書かれていました。でもお酒は本当に好きだったようです)

 

そんな大観の旧宅だった横山大観記念館(東京都台東区)

所蔵の絵画や愛用品など約140点を紹介する展覧会でした。

今回の展示は、日本画だけでなく陶器への絵付けや

着物や帯の図案もあり、日本画家以外の生活が見て取れる内容です。

 

やはり何かに業績を残す方は、多方面にわたって

造詣が深くもあり、生き方も激しいですね。

写真やビデオで拝見しましたが、お住まいになっていた邸宅も、

庭の植栽の配置などを自分で設計するなど、

自分の思いが反映されているとても素敵な建物となっていました。

現在夏と冬の期間のみ公開になっているということで、

機会があれば是非訪れたいと思っています。

 

この展覧会は4月1日(月)まで大阪高島屋 7Fのグランドホールでも開催され、

その後は日本橋高島屋 S.C.本館や横浜高島屋への巡回も予定されているそうです。

www.takashimaya.co.jp

 

 

 

ぜひ、日本画の大家と言われる大観の

人生を少し覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

『KAZUE』のアクセサリーは、下記のウェブショップ・店舗・メールの

どちらからでもお買い求めいただけます。

↓ 

◆新しいウェブショップ

ichiharu.theshop.jp

 

 

 

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス

info@ichiharugallery.com

 

 

 

▼ 

 蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、

〝アートを身につける〟をテーマにしています。
そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。
 
そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、
着けていることも忘れるくらい″軽量であること″
にこだわっています。
 
 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 

 

 

 

『KAZUE』のアクセサリー専用の

Instagram です。コメントもお待ちしています。

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 


アクセサリーランキング