京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

鶴と亀②

こんばんは。
蔵田かずえです。
 
 
先日のブログの続きです。
 
次は、「亀紋」についてです。
 
亀も鶴と同様、長寿のシンボルとして
古くから文様に取り入れられていました。
 
 
 
亀の文様の中でも、
尾が藻のように伸びたものは「蓑亀」といって、
長寿をさらに強調したものと言われています。
 
その文様には、上り亀、蓬莱亀、
浮線亀(亀の体と尾の毛で丸をかたどったもの)、
向こう亀丸、二つ入れ違い亀、水紋と組み合わせた水に亀、
水に光琳亀などの種類があります。
 
 
 
鶴亀を表わす文様として他にも亀甲文様があり、
亀の甲羅の形に由来するものです。
日本では長寿吉兆の象徴「鶴亀」に結びつくため、
非常に愛され多用されている吉祥文様の一つとなっています。
 
亀は中国の四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)
の内の玄武で、神の意を伝える能力を持つ
長寿のシンボルでした。
亀の甲を焼いてそのひび割れの方向で占いをし、
神の意と考えていたそうです。
 
 
また亀の甲(六角形)が崩れない連続模様で、
永遠の繁栄を願ったものと言われています。
 
(株式会社キッコーマンの社紋にも、
 この文様が使われていますよね。)
 
 
代表的な文様を取り上げて
簡単な説明をさせていただいていますが、
文様の歴史を知るだけでも日本の文化が分かってきます。
 
やはり古代中国の影響が色濃く反映されています。
 
 
 
日本人として着物を選ぶ際には、文様の意味にも
注目してみると深く楽しめると思います。
 
 
 
 
 

商品は、下記のウェブショップ・店舗・メールの

どちらからでもお買い求めいただけます。

↓ 

◆新しいウェブショップ

ichiharu.theshop.jp

 

 

 

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス

info@ichiharugallery.com

 

 

 

▼ 

 蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、

〝アートを身につける〟をテーマにしています。
そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。
 
そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、
着けていることも忘れるくらい″軽量であること″
にこだわっています。
 
 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 

 

 

 

『KAZUE』のアクセサリー専用の

Instagram です。コメントもお待ちしています。

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 


アクセサリーランキング