京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

吉祥模様とは

こんばんは。
蔵田かずえです。
 
 
日本の文様についてのブログを書いたところ、
もっと知りたいというコメントがきましたので、
文様について何回かに分けて書いてみたいと思います。
 
 
 
 
今日は「吉祥文様」についてです。
 
 
人は古代、寒さや身体を守るため
衣服を身に付けるようになりました。
その衣服には初めは文様などはありませんでした。
 
やがて、人は自然から学んだことに
意味を持たせて、そこから幸運や力を得ようと
衣服に模様に取り入れていきます。
 
その模様の中でも、縁起が良いとされている
動植物や品物などを描いた図柄を吉祥文様と言い、
特に中国文化圏を中心とした国々で好まれて使用されています。
 
 
日本では、吉祥文様は大陸から伝わってきたため、
その図案も龍や鳳凰、松竹梅、四君子といった
中国の文化を色濃く残していました。
しかし平安時代になると遣唐使が廃止され、
国風文化が花開くにつれて、橘・藤・扇などの
日本らしい図案が、貴族の間で有職文様として
定着していきました。
 
その後も時代にあった文様が生まれ、
貴族から武家、民間人へと広く人々に
用いられるようになります。
 
 
 
日本の吉祥文様の代表的なものでは、
葡萄、瓜などは「子孫繁栄」。
鶴亀、菊、兎、桃などは「長寿」。
桐、麻、竹などは「成長祈願」。
宝船、扇などは「栄達」。
と言ったようにそれぞれの図柄は、
めでたさ、縁起の良さを意味として持っています。
 
 
この吉祥文様は、成人式や結婚式の
晴れ着などの着物をはじめ、
陶器、漆器などの伝統工芸品や
ありとあらゆる生活用品、
小物などに使用されています。
 
 
日頃あまり意識していないかも知れませんが、
吉祥文様は私たち日本人の生活にしっかりと根付いています。
 
 
KAZUEブランドのアクセサリーも、
色や形にこの吉祥を考えて作っています。
 
 
 
 

『KAZUE』のアクセサリー専用の

Instagram です。コメントもお待ちしています。

www.instagram.com

 

▼ 

 蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、

〝アートを身につける〟をテーマにしています。
そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。
 
そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、
着けていることも忘れるくらい″軽量であること″
にこだわっています。
 
 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 
 

商品は、下記のウェブショップ・店舗・メールの

どちらからでもお買い求めいただけます。

↓ 

◆新しいウェブショップ

ichiharu.theshop.jp

 

 

 

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス

info@ichiharugallery.com

 

 


アクセサリーランキング