京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

日本の文様 ー梅ー

こんにちは。
蔵田かずえです。
 
 
染織の世界にいると、数多くの文様に出会います。
 
街を歩いていても文様探しをするのが、癖です。
 
 
 
日本の染織品に見られる文様そのものは、
飛鳥・奈良時代に源を求めることができます。
 
古典的な文様は、もともと中国から
渡来したものが中心となります。
種類分けをすると有職文、吉祥文、植物文、
動物文、天体文など。
その中に、亀甲・格子・縞・菱・鶴・
宝相華・鳳凰・孔雀・葡萄・鴨などの文様が
多種多様にあります。
 
 
古来、身を包み守る衣服は色を重要視していました。
そこから次第に、文様を入れた衣服が作られ、
その文様に意味を持たせるようになりました。
 
皇族の有職や貴族文化においては、
何よりも吉祥性が重視されていました。
その時の文化が今に通じています。
長寿、一家の繁栄、豊かな実りといった、
人々のさまざまな願いがこめられてきたのです。
 
吉祥の文様の起源は、中国から伝えられたものと
日本の風俗から生みだされたものがありますが、
中国伝来の文様も長い時間を経て、
今では日本の文様としてすっかり
消化されていると思います。
 
 
さて、初春の花といえば今咲きほこっている梅です。
文様にももちろん登場します。
 
梅の原産地は中国ですが、
奈良時代にはすでに日本に伝えられていました。
 
花の愛らしい形、匂い、枝振りなどが愛され、
万葉集にも数多く歌われるなど古くから
日本人々に愛されてきました。
そのため絵巻、浮世絵、多くの工芸品や
着物の文様として今でも愛される文様となっています。
 
 
「松竹梅」として梅がめでたいものとなったのは、
梅は寒い冬にいち早く花を咲かすことから
忍耐があり生命力象徴とされたからです。
 
江戸時代より新春を彩るものとして定着してきたそうです。
 
また梅の花は学問が栄える時に
見事に咲くと言う言い伝えや、
実は梅には、「産め」との掛詞から、
安産祈願も込められているという学説もあります。
 
 
文様一つ一つが人々の暮らしに根付いた形や色
となっていることがわかります。
 
そこには国や地域の文化が強く影響を与えています。
 
 
 
私の作るアクセサリーも、
京都という文化を基盤に作られたものです。
 

 

 

 

『KAZUE』のアクセサリー専用の

Instagram です。コメントもお待ちしています。

www.instagram.com

 

▼ 

 蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、

〝アートを身につける〟をテーマにしています。
そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。
 
そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、
着けていることも忘れるくらい″軽量であること″
にこだわっています。
 
 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 
 

商品は、下記のウェブショップ・店舗・メールの

どちらからでもお買い求めいただけます。

↓ 

◆新しいウェブショップ

ichiharu.theshop.jp

 

 

 

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス

info@ichiharugallery.com

 

 


アクセサリーランキング