京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

清川あさみ『千年後の百人一首』原画展

こんばんは。


蔵田かずえです。

 

清川あさみさんは、

平成28年度後期のNHK連続テレビ小説

「べっぴんさん」のタイトルオープニング映像や

デレクション・制作をトータルで手がけて

話題となった方です。

 

と言っても、私自身は中学生の時から

清川さんを知っています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

清川さんは、ファッション雑誌「Zipper」の

人気読者モデルでした。

私は「Zipper」の読者だったので、

清川さんがアーティストに転向した時、

驚いた一人です。

そして、ちょうどその頃、

私も芸大へと進路を変更した時期でした。

 

作品に対する向き合い方、

潔い生き方と自己プロデュース力の

高さに刺激をいただいている

アーティストの1人です。

 

 

その清川さんの展覧会を先日、

京都・建仁寺両足院で観てきました。

「千年後の百人一首」と題された原画展は、

両足院の建物の中にアクリル板やアクリルの台を

配置して原画を並べていました。

畳や障子、木の柱や梁、

日本庭園を借景にした展示は、

とても気持ち良い雰囲気が漂い、

作家が持つ表現方法と不思議と

マッチした感じを受けました。

百人一首の歌をどのように解釈したか、

それをどのように作品として表しているのかを、

大変興味深く鑑賞させていただきました。

百人一首として鑑賞せずとも、

一枚一枚の作品として観ても

とても興味深いものだと思います。

 

秋から冬に変わるこの季節、

とても美しく手入れされた、

両足院の庭も含めて

インスピレーションを高めてみてはどうでしょうか。

会期は12月10日(月)まで開催しています。


f:id:kazue-k15:20181207233456j:plain

f:id:kazue-k15:20181207233611j:plain

 

 

 

 

 

『KAZUE』のアクセサリー専用の

Instagram です。コメントもお待ちしています。

www.instagram.com

 

▼ 

 蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、

〝アートを身につける〟をテーマにしています。
そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。
 
そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、
着けていることも忘れるくらい″軽量であること″
にこだわっています。
 
 
身につけていただいた方が、いつもと違う感覚に。
 
より美しく、魅力的に、そして活動的に。
 
そんなあなたに愛用していただきたい。
 
 
 

商品は、下記のウェブショップ・店舗・メールの

どちらからでもお買い求めいただけます。

↓ 

◆新しいウェブショップ

ichiharu.theshop.jp

 

 

 

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス

info@ichiharugallery.com

 

 


アクセサリーランキング