日々のこと

綿の花、咲きました。

こんばんは。 夏先より種蒔きをして毎日大切に育てていた綿に、、、 今朝とうとう綿花(ワタの種子を包む白色の繊維)ができました。 花が散ったあと、日に日に膨らんでゆく実を愛でる日々でした。 綿花のふわふわを見つけた時の嬉しさといったら…。 あと4…

名残の秋を感じて

こんばんは。 日毎に秋の名残を感じます。 朝夕は冬の気配を感じることが多くなってきましたが、昼間はまだまだ秋晴れの日差しです。 アトリエの近く川のそばに柿の木があるのですが、葉は色付き実が熟してきました。 このなんとも言えない葉の色の配色。 緑…

甘くて官能的な匂い

こんばんは。 新作のアクセサリー、まだ試作段階ではありますが良い感じのものがかたちになりそうです。楽しみにしていて下さい。 さて、籠っての作業が続く日々では通勤の自転車の時間が気分転換になります。 自転車で走っていると、とても甘くていい匂いが…

ひびのこづえさんの展覧会を観て

こんばんは。 先日、作品を搬入し終わり身体がうまく動かない中、どうしても見たい展覧会へ行ってきました。 その展覧会とは、ひびのこづえさんの『秋に踊る』です。 (残念ながら、展覧会はもうすでに終了しました) ひびのこづえさんのことは皆さんもよく知…

人から学ぶ

こんばんは。 皆さん、三連休はいかがお過ごしでしたか。 先日開催した展覧会では、本当に多くのことを学ばさせていただきました。 アクセサリー制作に関する助言を多くの方にいただき、今後の指針となりました。展覧会会場には当番以外も許せる限りの時間、…

生き残るために

こんばんは。 気づけば、重陽の節句も過ぎてしまいました。そして2020年のオリンピック開催まで、1年を切りました。 ニュースではオリンピック景気の話題が度々報道されていますが、私の周りを見ても その恩恵を受けている様子はほとんど見受けられません。…

「創造する」

こんばんは。 先日読んでいた本に、「創造」をするにはまず「想像」する力が必要だということが書かれていました。 「創造力」と「想像力」の両方があって、初めて今までにないものが生まれてくるといったところでしょうか。 私自身も創作活動をしていますが…

遺伝子解析

こんばんは。 先日作品制作をしている時、ラジオをかけているとある番組内にゲストとして株式会社ジーンクエスト代表取締役の高橋祥子さんが出演していました。 その話題は、遺伝子解析。 昨年から気になっていることだったので、興味津々に聴いていました。…

各地域の迎え盆

こんばんは。 昨日は迎え盆でしたね。皆さんはどんなお迎え方をされましたか。 現在、私は毎年恒例のお詣りを兼ねた家族夏旅に出ています。 昨日、長野方面へ向かう途中にカーラジオからDJの方の「今日は 迎え盆。カンバ焚きしてお迎えしましたか」という話…

アクセサリーについて

こんばんは。 根詰めての制作が続いていたので、少しお休みをいただいていました。 本日より、また通常運転での活動をしていきます。 今日はアクセサリーのお話をしたいと思います。 人にとってアクセサリーとは何でしょうか? アクセサリーについて調べると…

『祇園祭展』にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

こんばんは。 染・清流館にて開催されておりました『祇園祭展』は、 盛況のうちに無事、終えることができました。 展覧会を開催する上でご尽力下さいました先生方、清流館の関係者の皆さま、 運搬会社の皆さま、学校関係者の皆さま、各関係の協会の皆さまに…

制作しています

こんばんは。 前にもブログに書きましたが現在、6月末の展覧会に向けて作品作りをしています。 ゴールデンウィークからは仕事のない日はほぼアトリエに閉じこもって、 大下絵(完成作品と同じ大きさの紙に、彩色したもの)を描き続け、 ようやく完成したとこ…

外見には、その人の内面が表れる

こんばんは。 電車やバスに乗っている時、信号待ちしている時、 カフェで食事をしている時など、私はよく人を観察してしまいます。 あの人はどんな職業なのだろう? 家族はいるのだろうか? どんな生活をしているのだろうか? そして、どんな考え方をするの…

色を感じる

こんばんは。 アトリエから見える木々の緑、自転車で通いながら 見る目に飛び込んでくる街路樹や公園の緑、 日々同じ木の葉の色が刻々と推移していっているのを感じます。 色を感じられることは本当に素晴らしいものですね。 春夏秋冬を視覚的に感じるのも、…

ひたすら考えること

こんばんは。 先日、約4ヶ月間通ったコピーライター講座を無事、 修了することができました。 終わってみれば、早かったな…と思うのですが、 資料を見直すと学びの質と量が凄まじくて。 改めて、多くのことを知った時間だったと実感しています。 工芸作家と…

読者の皆様への感謝

こんばんは。 新しい環境、新しい場所で生活をスタートされた皆さん、 今週もお疲れさまでした。やっと週末ですね。 そして、私はショップブログを始めて1年以上が経ちました。 この期間、読者の方へ何を伝えればよいのかを考え、 試行錯誤しながら書いてき…

その人にしかできないことがある

こんばんは。蔵田かずえです。 花冷えどころではない寒さの関西です。 滋賀や京都の北部では雪が降っているという始末。 寒い訳です。 私は工芸作家とアクセサリーデザイナーとして、 創作活動をしています。この道は誰かが決めたものではありません。自分が…

日本文化

こんばんは。 蔵田かずえです。 今日はどこもかしこも新元号の話題でしたね。 個人的には、ここのブログで『万葉集』や「梅」の 話をしていたので、シンクロ具合にびっくりしています。 「令和」は、美しい響きです。 また、様々な解釈があるとは思いますが…

イチローの引退

こんばんは。蔵田かずえです。昨夜、イチローさんが引退しました。 以前のブログで、「スポーツとアートは似ている」という 記事を書きましたがイチローさんの引退会見を見て、 再度そう思いました。 野球が好きなのでも興味があるのでもないのですが、 イチ…

展覧会の御礼

こんばんは。 蔵田かずえです。 タペストリー作品を出品していました 「第39回京都工芸美術作家協会展」は 盛況の中、終了いたしました。 お越しいただきました皆さま、 誠にありがとうございます。 会場で、直接お声をかけて下さった皆さまにも 御礼申し…

 馬酔木(アセビ) 

こんばんは。蔵田かずえです。京都も昼間の気温も10度を超える日が多くなり、 公園や街路樹の周りなどでいろいろな花が 咲いているのを見かけるようになりました。先日近くの寺社を訪れた際、 舞妓さんが髪につけている 簪のような美しい花が咲いていました…

人生を人任せにしてはいけない

こんばんは。 蔵田かずえです。 現在、制作の追い込み中ですが、 ちょっとひと休み。 ものの考え方が、この2〜3年で大きく変わりました。 特に自分の今後を考えると、 胸が締め付けられるようなことが多くあります。 もちろん夢や目標はあり、それに向かって…

蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)

こんばんは。 蔵田かずえです。 七十二候の「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」 の頃となりました。 「冬ごもりをしていた虫たちが春の気配を感じ取り、 姿を現し始めるころ」という意味です。 虫好きの私にとって、ワクワクする季候です。 太陽、雨、…

桃の節句

こんばんは。 蔵田かずえです。 今日は桃の節句(ひな祭り)ですね。 雛祭りの起源は、古来中国の上巳(じょうみ)節。 この祓の風俗儀式が日本に伝わり、 これ以前の平安時代から宮中の人形遊びとして 流行していた「雛遊び(ひいなあそび)」とが 結びつき…

外見には、その人の内面が表れる

こんばんは。 蔵田かずえです。 電車やバスに乗っている時、信号待ちしている時、 カフェで昼食をとっている時など、 私はよく人を観察してしまいます。 あの人はどんな職業なのだろう? 家族はいるのだろうか? どんな生活をしているのだろうか? そして、…

ひらめきの神様なんてどこにもいない

こんばんは。 蔵田かずえです。 糸を染めている合間に、グッドデザインカンパニー代表の 水野学さんの著書に「センスは知識から始まる」(朝日新聞出版) センスは知識からはじまる 作者: 水野学 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2014/04/18 メディア: …

花のある生活

こんばんは。 蔵田かずえです。 アトリエには、花を欠かさないように しています。 ふと見遣った先に花があると、 気持ちが和らぎます。 そしてアトリエに来て、まず花の水を変えることが 作業モードのスイッチをオンにしてくれます。 大好きな花の一つ、ポ…

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

こんばんは。 蔵田かずえです。 1月も今日で終わりですね。 昨日は七十二候の「鶏始乳」(にわとりはじめてとやにつく) でした。 「乳す」とは、鳥が卵を産むという意味です。 春の温かさを感じ取った鳥が卵を 産み出す頃というだけあって 桜の枝を見ると…

初春の香り

こんばんは。 蔵田かずえです。 先日美術館に行く途中に御所を横切っていると、 白くて小さな花がちらほらと咲いている梅の木がありました。 花に近づいてみれば、ほのかに香ります。 気づけば立春が近づき、確実に春に向かって 時が進んでいることを感じま…

映画「ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス」を観て。

こんばんは。 蔵田かずえです。 先日、映画「ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス」 がどうしても観たくて、朝から出掛けてきました。 westwood-movie.jp この映画の主人公は、 もちろん人気ファッションブランド 「ヴィヴィアン・ウエストウッド…