京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

日々のこと

お寺と、十字架の御恵。

大徳寺 瑞峯院 閑眠庭 重森三玲作庭 キリシタン大名・大友宗麟の菩提寺にある、大徳寺の庭「閑眠庭(かんみんてい)」が好きです。 作庭は、東福寺の方丈庭園も作庭した、日本庭園史研究家でもある重森三玲(しげもりみれい)。 現代抽象絵画のような、自由…

朱色の法悦を、行き来する。

臨済宗大徳寺派 大本山 山門 金毛閣 山門は、花のよう。 境内の、常緑の松の間に、朱色の花が、咲いたよう。 墨染をまとう、若い僧侶らが、朱色の花のくぐり抜ける。 極楽浄土の法悦と、穢土の苦悶の狭間を、行き来している。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリ…

美を見抜く。

京都迎賓館 庭園 美の真理を見抜くために、心から雑事を消す。 不相応の金銭を求めず、不相応の付き合いを求めず、酒や快楽に淫しない。 人間も、美の1であり、心の雑事を消せば、目の前の人の、ありのままの美が見える。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリーシ…

極楽浄土の、美に慣れる。

臨済宗大徳寺派 瑞鳳院 重森三玲作庭「独坐庭」 枯山水の、砂の紋を見ていると、一瞬の美を永久に残そうとする、人間の美への憧憬に心を打たれます。 京都の白川上流で採取される、真白な「白川砂」を、作庭家たちは、水に見立てました。 波紋の描く美を、永…

無いから、「ある」を知る。

臨済宗大徳寺派 髙桐院 松向軒(細川三斎好み) たくさんあっても、充分だとは、感じない。 少ないほうが、有難い。 なにも無いから、「ある」を知る。 暗い茶室の中で、茶人の魂が宿る器から放たれる、微細な光を知る。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリーショ…

瑞雲の庭

南禅院 伝夢窓国師作庭 美しいものに感動する時間は、畏敬と、法悦の時間。 歓喜する魂は、たちまち、天へと昇る。 光を放つ、瑞雲となる。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリーショップ ICHIHARU アクセサリーのお買い求めの方は、こちらのサイトからご購入くだ…

理解を超える努力。

臨済宗大本山南禅寺 方丈庭園 伝小堀遠州作庭 「人に理解されない」と、嘆かない。 理解を超えて、人を感動させるまでの、髙い表現力を身につける努力に、時間を割きたい。 地面に白い小石を撒き、箒で紋を描き、 「これは海である」 と言い放った、小堀遠州…

雲のように、軽いもの。

真言宗 泉涌寺 舎利殿 舎利殿の、仏様の遺骨は、たぶん軽い。 掌に乗せると、雲のように、軽い気がする。 雲中供養菩薩の、雲のよう。 軽いものは、美しく、尊い。 雪の結晶。 桜の花びら。 尊い、軽さを、白い掌で、愛おしむ。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラ…

自分のための、夢を抱こう。

南禅院 自分のために、夢を大事にしょう。 自分を鍛える喜びを、夢につなげよう。 人よりも優越感を抱くための夢は、自分を救わない。 人と比べて、叶ったか、どうか、いつも揺らぐ。 誰かのために、夢を決めるのは、やめよう。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラ…

散歩で、美意識磨き。

真言宗泉涌寺 新善光寺 散歩で、寺社仏閣を巡るのが好きです。 「住むミュージアム」と呼びたいほど、細部まで、美意識に彩られています。 京都駅から東南へ、月輪山(つきのわ山)の麓にある、真言密教の泉涌寺(せんにゅうじ)塔頭「新善光寺」は、後嵯峨…

再生のパワーを、歴史に学ぶ。

真言宗泉涌寺派総本山 京都は、応仁の乱で、たくさんの御寺が焼けました。 いま残っている建造物は、江戸時代に再建されたものも、数多くあります。 それでも、凄く魅力的です。 「やり直し」の悲壮感はゼロ。 歴史を学んでいると、 「どれほど貴重なもので…

自己満足の、インパクト。

真言宗智山派 総本山智積院 大書院 長谷川等伯一門障壁画《松に立葵図》複製 続けることで得られるインパクトの大きさは、やった人にしか、分からない。 1日、1日、自分が決めたノルマを、やり遂げる。 面倒だし、「やらなくていい」との言い訳は、次々と…

手の中の、小さな聲。

樂家十代 旦入(たんにゅう)《不二之絵黒楽茶碗》 時代を超えて受け継がれてきた、普遍的なものを、手の中で愛する時間は、尊い時間です。 京都で生きてきたからか、大きなものより、小さいもの、細やかなものに、心惹かれます。 わたしの好きな、平安時代…

華やかな人は、目立たない。

京都大宮御所 御常御殿(おつねごてん)南庭(だんてい)の梅 本物の、華やかな人は、目立たない。 心も、身も、言葉も、飾りすぎない。 整えられた庭に咲く、梅の花のように、凛とした品がある。 佇んでいるだけで、周りに、薫陶を与える。 目立たないけれ…

痛みの果ての、艶やかな人。

京都仙洞御所 南池「一升石」の洲浜 成長するときは、痛い。 心が、磨かれる痛み。 身に合わなくなったものと、別れる痛み。 過去の未熟さを、悔いる痛み。 痛みに耐える、涙の波に洗われて、あなたは、艶やかな人に、なっていく。 ICHIHARU ---------------…

人を思うことで、ストレスが軽減される。

京都迎賓館 即位礼正殿の儀の装束を模した大礼雛 ここしばらく、外出の際は、公共の乗り物を避けて、徒歩圏内にしています。 外食するにも、人と近い席にならないよう、席の間に距離を取っているレストランを利用しています。 自分の口元を触った手で、人が…

変わり続ける、美しいもの。

薔薇ジュリア NARUMIのシュガーポット ザ・リッツ・カールトン京都 お気に入りのホテルの、窓際の席に座り、『枕草子』を読んでいました。 殿方や女御、女房の、着物の描写に引き込まれます。 青鈍(あおにび)の指貫、桜色の直衣、紅の御衣。 紅梅色、萌黄…

考えごとを、始める前に。

京都迎賓館 考えごとをするときは、まず、肩に力が入っていないか、チェックする。 頭が、前に傾きすぎていないか、位置をチェックする。 背中が丸まっていれば、伸ばす。 息を、深く吸って、吐く。 微笑んでみる。 いい考えが、浮かんできた。 ICHIHARU ---…

掌の、静かな幸福。

ICHIHARU 織のピアス 心が波立つ日は、小さくて、愛らしいものを、身につけていく。 大きいものは、神経が昂る。 私の神経の波立ちは、向かい合う人にも、伝わる。 鎮まろう。 私のためにも、大切な、あなたのためにも。 掌(てのひら)に、小さな花びらが舞…

美しいものを見ながら、考える。

智積院 大書院障壁画 長谷川等伯《櫻楓図》より櫻図の複製画 考え事をするときは、美しいものの前がいい。 真夜中の、布団の中で、天井を見つめるよりも、美しいものを見つめるのがいい。 人は、周りの環境に、影響されやすい。 人間関係だけではなく、色彩…

「私の目の前で起きていること」を理解するための読書をしよう。

真言宗総本山・智積院 講堂 用事のついでに、智積院さんに、寄ってきました。 真言宗教学の、学びの場です。 学びの場にいると、心が、前を向きます。 「私も、まだまだ精進しよう」と、励まされます。 私は、読書が好きです。 本の世界を楽しむというよりも…

「そんなこと」を磨くと、想像もできない幸運につながる。

京都御苑 梅園 自分に向いていることを見つけたら、一生の宝だよ。 これから一生、大事にしよう。 「そんなこと、誰でもできる」と思っているかもしれないけれど、それは、今だけだよ。 「そんなこと」を、これから磨き続けたら、想像以上に、すごいことにな…

誰とも、かぶらないアクセサリーを、探していました。

尊敬するデザイナーKさんから、春と秋に、ファッションショーに招待していただきます。 日本を代表するデザイナーのKさんのショーは、音楽、建築、美術、あらゆる要素が響き合い、日本文化の結晶が煌めいています。 客席には、Kさんが親しくされている、美し…

高価なものを身につけると、色気が出る。

ICHIHARUのアクセサリーは、高価です。 受賞歴のある染織作家が、一針、一織、手作業で制作しているからです。 だからこそ、身に着けると、動きが丁寧になります。 動きが丁寧になると、潤いのある色気が出ます。 抑制された動きに、色気が出るのは、能、日…

運を守る人は、アクセサリーにこだわります。

新作URUKIシリーズ「○(en)」¥30,000(税込) ある著名な女性デザイナーさんから、パーティーで伺ったお話です。 「大勢の人が集まる仕事場に出る時は、かならず、お守りのアクセサリーをするの。外には、素晴らしいこともあるけれど、ネガティブなパワーも…

空で、つながる友達。

京都御苑 自分のことばかり考えていると、仕事が、進まなくなる。 広い場所へ、散歩に行こう。 広い場所にいくと、心が広がる。 目を上げると、遠くまで、空が広がっている。 この空は、遠い国まで、つながっている。 遠い国の人のことを、友達のように、考…

アルゴリズムの「わたし」。

ショップ内の、アンティークの螺鈿の机にて。 ユヴァル・ノア・ハラリ著『21Lesson』を読みながら、「ITとバイオテクノロジーが融合した世界で、私たちのアイデンティティは、どうなるのだろう」と考えていました。 個人的な、心地良さや、美意識の在り方は…

敏感になろう。

「これから私、どうなってしまうんだろう」 不安になるのは、以前よりも、鋭くなっているから。 賢くなっているから、不安になる。 ボンヤリ生きていたら、そんな不安は、起こらない。 生温い日常に浸っていると、不安を感じるセンサーも、壊れてしまう。 敏…

明日の私の笑顔は、今日、作られる。

Netflixでドラマの続きが見たいけれど、 美容のためには、「あともう少し」で終わっておこう。 欲望のままに生きていると、心も体も、ゆるんでしまう。 少しだけでも、ベッドの上でストレッチをする。 顔も、優しく、揉みほぐす。 頭皮も軽く、マッサージ。 …

上品な、恋愛の始まり。

奈良ホテル 恋愛指南には、 「好きな人を、追いかけてはいけない。彼から追わせること」 と書いてある。 追わせるなんて、品がない。 私は、獲物じゃないのよ。 お互いに、歩み寄るのがいい。 ふたりで、近くなっていく。 上品に、これからダンスを始めるよ…