京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

不自由から生まれる美。

桂離宮 京都はまだ、緊急事態宣言が解除されていません。 店舗も閉じています。 長い時間、家のなかにいると、自然の恵みの有り難さが、身に滲みます。 日用品などの買い物に、京都御苑を通り抜けると、広がる空間に、魂が解放された気分になります。 澄んだ…

自然の恵みを、推理する。

桂離宮 松琴亭 桂離宮にある、松琴亭の襖が好きです。 白と藍の「加賀奉書」が、とても斬新。 寛永年間に活躍した小堀遠州の作と伝えられ、「遠州好み」と言われていますが、現代でも、モダンに見えます。 「加賀奉書」とは、加賀藩の二俣村(ふたまたむら)…

意のままにならない、美意識。

臨済宗建仁寺派 建仁寺 方丈の庭 撮影した写真を整理していたら、お寺巡りが、恋しくなりました。 (これは昨年に撮影した写真です) 自然の素材を使用して、芸術的な空間を作る造園に、壮大な美意識を感じます。 絵画や彫刻は、経年しても、ほとんど変化し…

襲の色目

この2色の組み合わせは「楝(おうち)」。=襲の色目の名称 平安時代の装束の色には、全て意味があります。 例えば、上画像の薄紫色と深緑色は4月〜5月のみに着られる、装束の色目の組み 合わせです。 この初夏の色目の組み合わせを「楝(おうち)」と呼…

側にある、美しいものたち。

水晶(石英の自形結晶) 水晶が好きです。 美しい装飾品と思いきや、案外と、実用的なのです。 水晶の粉末は、日本画の絵具として使用されています。 あるいは、圧力を加えると、電気を発生させることのできる「圧電体」でもあります。 水晶時計は、水晶の、…

有職の色

愛しい絹糸たち 当ショップのアクセサリーは、箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)で 作られたものが中心ですが、ただいま有職の色の絹糸を使ったアクセサリーを制作中です。 糸の美しい色を見ているだけで、幸せになります。 ICHIHARU 京都…

机の上の、お花見。

昔に拾った桜貝 今年は、桜も、藤の花も、お花見は出来ませんでしたが、昔に拾った桜貝で、お花見気分です。 水色の紙に、花弁を散らすが如く、貝殻をパラパラ落とします。 空からの光が透き通る、本物の花弁のよう。 この大変な日々も、いつかは思い出にな…