京都御所南 Gallery shop ICHIHARU

ICHIHARU では、連綿と続く京都の伝統の美に根ざしたアクセサリーを、制作、販売致しております。「絹糸」「箔糸(和紙に箔を漆で貼り付けて糸状に裁断したもの)」を使用したアクセサリーは、 一つ一つ手作業で、丁寧にお作りしております。

お寺と、十字架の御恵。

大徳寺 瑞峯院 閑眠庭 重森三玲作庭 キリシタン大名・大友宗麟の菩提寺にある、大徳寺の庭「閑眠庭(かんみんてい)」が好きです。 作庭は、東福寺の方丈庭園も作庭した、日本庭園史研究家でもある重森三玲(しげもりみれい)。 現代抽象絵画のような、自由…

朱色の法悦を、行き来する。

臨済宗大徳寺派 大本山 山門 金毛閣 山門は、花のよう。 境内の、常緑の松の間に、朱色の花が、咲いたよう。 墨染をまとう、若い僧侶らが、朱色の花のくぐり抜ける。 極楽浄土の法悦と、穢土の苦悶の狭間を、行き来している。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリ…

美を見抜く。

京都迎賓館 庭園 美の真理を見抜くために、心から雑事を消す。 不相応の金銭を求めず、不相応の付き合いを求めず、酒や快楽に淫しない。 人間も、美の1であり、心の雑事を消せば、目の前の人の、ありのままの美が見える。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリーシ…

極楽浄土の、美に慣れる。

臨済宗大徳寺派 瑞鳳院 重森三玲作庭「独坐庭」 枯山水の、砂の紋を見ていると、一瞬の美を永久に残そうとする、人間の美への憧憬に心を打たれます。 京都の白川上流で採取される、真白な「白川砂」を、作庭家たちは、水に見立てました。 波紋の描く美を、永…

無いから、「ある」を知る。

臨済宗大徳寺派 髙桐院 松向軒(細川三斎好み) たくさんあっても、充分だとは、感じない。 少ないほうが、有難い。 なにも無いから、「ある」を知る。 暗い茶室の中で、茶人の魂が宿る器から放たれる、微細な光を知る。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリーショ…

瑞雲の庭

南禅院 伝夢窓国師作庭 美しいものに感動する時間は、畏敬と、法悦の時間。 歓喜する魂は、たちまち、天へと昇る。 光を放つ、瑞雲となる。 ICHIHARU 京都御所南 ギャラリーショップ ICHIHARU アクセサリーのお買い求めの方は、こちらのサイトからご購入くだ…

理解を超える努力。

臨済宗大本山南禅寺 方丈庭園 伝小堀遠州作庭 「人に理解されない」と、嘆かない。 理解を超えて、人を感動させるまでの、髙い表現力を身につける努力に、時間を割きたい。 地面に白い小石を撒き、箒で紋を描き、 「これは海である」 と言い放った、小堀遠州…